« 2020年12月 | トップページ | 2021年3月 »

読書のススメ~やすらぎの住居学つづき~

前回のブログの続いて”やすらぎの住居学”から

2章日本人の住まい方では、「日本の気候風土の中で日本人たちがいかにしてどのような家をつくってきたかを知ることで、現在でもよりよい住まいづくりの近道となる。」ということで、和風の発想を紹介しています。

多目的に使えるのは単純な家

日本の住宅は一つの部屋をきわめて多目的に使ってきた。食事をし居間として歓談し、寝具を敷けばそのまま寝室になる。

要するに部屋を時間のシークエンスによって使い分けてきたのである。

日本の家は、戸、障子、ふすまなどで空間を仕切ったり区切ったりして生活空間をつくってきたのである。戸やふすまを全部とりはらうと、家中が一つの大きな部屋になり、昔は冠婚葬祭や寄合の場とした。

 

住まいには間が必要

茶の間、床の間など、すなわち一見ムダな空間をもつことで、非常に狭い空間の中に宇宙を感じるような教養、文化をつくったのである。

日本の住まいのなかの「間」というものは、無限の広がりを持つようなムダであり、この無駄のあるところが日本の住まいのよさになっている。

現代の住まいを考えるとき、この「間」の役割を忘れないでほしい。

茶の間の復権を考える

茶の間は単なる食事室でもないし、単なる茶室でもない。しいて定義すれば、家族の団らんの場であるとしかいえない。

家族が集まってなごやかに楽しみ合うこと。ただ単に家族が温かく一緒にいるという雰囲気は、東洋的な家庭観からくるものでありだんらんという言葉だけでは説明できないものもある。

◇かつて日本の家はパーティー空間だった

日本の伝統的な住まいは、間仕切りを取り払うことによって、広い空間をつくりだし、パーティーやセレモニーを開くことができ、屏風や衝立で広い部屋を狭く使うこともできた。その自由自在の部屋は、同時に家族全員がくつろげる場所でもあった。

Img_20200203_085114 

軒や庇にも深いわけがある

日本家屋の屋根と庇は、大量の雨と太陽をコントロールする装置をいってよい。勾配の急な屋根は何千ミリという雨をこなしてくれる。軒の出具合は、夏には日中の太陽が室内に入り込みことを防いでくれると同時に、冬の太陽が十分に座敷の奥まで差し込むよう設計されているはずである。

縁側は部屋の中?それとも外?

気候風土が温和なため、通風さえしておけば暮らしやすい。日本の建築は、縁側で屋内と戸外の空間をオーバーラップさせている。

だいたい日本の気候は、風雨の日と冬の数週間をのぞいたら、戸外で暮らしたほうが快適なのだ。

 

我が家はコンクリート造の集合住宅ですが、上階のバルコニー張り出しが深い軒の出のようになっています。

急な雨の時でも洗濯物が濡れず、大変重宝に使っています。

「間」、襖、縁側、軒や庇など、あなたの家づくりにも、和の発想を取り入れてみませんか?

| | コメント (0)

読書のススメ~やすらぎの住居学 1章住まいのモチーフ~

07612

年末に本を整理していたら、清家清さんの”やすらぎの住居学””を見つけました。

昭和59年発行なので、今から37年前に書かれた本です。

100の発想が書かれているので、その中から、印象的な言葉を抜き出してみます。

 

今日は第1章、住まいのモチーフから

1 住まいの何を考えるべきか 

家をつくるというのは、ただ部屋をつくることではなく、家族生活の容れ物をつくるということである。

住まいというものはつねづねに維持・管理しなくてはならにものなのである。

家族の生活を包む容れ物である住まいも、日々成長・変化をとげ、日々新しくなっていかなければ壊れてしまうのである。

2 家はミエでつくるものではない

当たり前のことだがわすれてはならない。住まいとは持つこと自体が目的ではなく、そこでどんな生活を営んでいくのかが肝心なのである。

3 鴨長明のように住まう

きわめて基本的でシンプルな住まいでも十分に生きていけるし、またそのほうが知的な生き方であるということである。

4 住まいの原点はテント

まずふつうのテントといものは、寝る場所と携行品を置くだけのスペース、これだけである。 これが人間の生活ミニマムリクワイアメント(最低必需品)なのである。

自分の住まいに本当に必要な広さや間取りの在り方を考えるべきであろう。

5「住む立場」の発想とは

ユーザーとしての発想というのは、住まいをかんがえるときの最も基本的な視点である。 

必要なのは照明器具というハードウェアではなくて、照明というパフォーマンスなのだ。

6生活のにおいがしてこそ住まいとなる

よい家とは、お金をかけるだけではなく、本当に末永く愛着を持って住めるかどうかが決め手なのである。一つ一つの部屋や場所にいるとき、この部屋でそだってきた、私はここを使ってせいかつしてきたのだ、と実感できるもの、そういうものが醸し出す生活のにおいがわれわれにやすらぎをあたえてくれるのである。

7住まいがスラム化する、そのときに

結局家が衰退しスラム化するのは、住んでいる人のモラールの低下につきるといえよう。このモラールとは家族での生活をよりよく営んでいこうとする意志といいかえてもよい。

8 ウサギ小屋は素晴らしい

ウサギ小屋の暮らしは素晴らしいと私は思う。

日本人は時間をうまく使って、狭い空間をつねに有効につかってきた。そういう発想の伝統がある。

ウサギにはできなくても人間にできることは、生活を整理整頓する技術である。

住まいの価値を決めるのは”広さ”ではんく、あなた自身の住まい方である。

 

第1章はこんなところです。

あなたの心にひびく言葉はありましたか?

| | コメント (0)

2021年新年のごあいさつ

あけましておめでとうございます。

また家にいる時間が増えそうですね。

不安な事はありますが、インテリアの力で暮らしを豊かにしていきたいと思います。

 

昨年はオリジナルキッチンの設計をさせていただきました。

リフォームを通じお施主様に料理の楽しさを教えていただきました。

そのおかげで今まで苦手意識が強かった私自身も料理を作りたいと思うようになりました。

レシピがわかりやすく間違えのないものをと、”今日の料理”を参考に作っています。

旬の食材を上手に活用したレシピは子どもたちにも大好評で、私も家でおいしいご飯が食べられて幸せです。

 

昨年は15年間配置を変えてなかったLDKの家具を移動しました。

小さめのソファを購入したので、キッチンのすぐそばにダイニングテーブルを移動し、リビングにソファを置くスペースを作りました。

今まではキッチン+リビングダイニングだったのをダイニングキッチン+リビングにしました。

 

間取りが変わると暮らしが変わる。ダイニングテーブルをキッチンに移動したところ、子どもたちが料理の手伝いを積極的にするようになりました。
キッチンの作業台が狭かったのを、ダイニングテーブルを一時的な作業台として使い、料理もしやすくなりました。

料理をすることにも変化がありましたが、食事や団らんにも変化が、、、

テレビはリビング側にあるので、ダイニングテーブルからテレビが見れなくなりました。

逆にテレビを見ながらご飯を食べることがなくなり、その日の出来事などを話すようになりました。

リビング側はソファと同時にコタツ(兼ローテーブル)を購入したので、家族みんながゆっくりくつろぐ場所ができました。

 

家具の配置でこんなにも暮らしが変わるのだなと実感しています。

もし、自宅の模様替えをしたいけど、どうしたらいいかなと迷っていたら、喜んで相談に乗らせていただきますので、お問い合わせくださいね。

 

長くなりましたが、今年もどうぞよろしくお願いいたします。

| | コメント (0)

« 2020年12月 | トップページ | 2021年3月 »