« 2019年9月 | トップページ | 2020年6月 »

マンションで和の暮らしを楽しむリフォーム

昨年10月から2月にかけて、築38年の集合住宅リフォームを行いました。

Img_20190914_090603_20200329114101thumb1

子どもの外遊びサークルの友人から紹介していただいたKさんは、
小学生のお子さんのいる子育て中のママで、自宅を利用して外国からの旅行者に”和のおもてなし”を体験いただくお仕事をされています。

「中古物件を思い通りにリフォームしたいんです。」と、最初に相談を受けたのが一昨年の7月のことでした。
それから一年ほど経った昨年9月、「家いたい物件がやっとありました!」と、そこから急展開でリフォームが進みました。

Kさんは精力的にショールームを回り、作りたい部屋のイメージや使い勝手など、具体的に要望を伝えてくれました。

私の仕事の大半はマンションの様々な制約の中で、できることとできないことを確認し、”できない”ではなく、別の方法で要望に応えることはできないか検討していくことでした。

空間のテーマは、”和”。落ち着いた雰囲気で、床は無垢材を使いたいとのことでした。家族が住む家であると同時に、ご自身のお仕事で利用するため、洗面所を通らずにトイレに行けるプランを作ることが求められました。とはいえ、水回りの大幅な変更は不可能だったので、押入をトイレのアプローチ空間とするプランをご提案しました。収納を減らして通路にするなんてとんでもない、と思われるかなと思ったのですが、喜んで受け入れていただきました。

結果的には「玄関を開けた時にお店のような雰囲気がする」とお施主様にとても気に入っていただけました。

Img_20200203_083604

 

 

 

 

 

 

正面左側がトイレへの通路

【無垢フローリング】1階なので、音の心配はほとんどないのですが、規約上L50以上と決められていました。無垢の床材の下に遮音性のあるクッションマットを貼った商品が新木場の五感さんのところにあり、ショールームで実際歩行感を確かめ、幅150mmの杉フローリングを採用しました。

Img_20200203_085545

 

 

 

 

| | コメント (0)

« 2019年9月 | トップページ | 2020年6月 »