« 2018年7月 | トップページ | 2018年12月 »

築38年集合住宅のリフォーム

_dsc7799_2


この夏は、母校入船北小学校のDIYワークショップと平行して、築38年の集合住宅のリフォームの仕事がありました。

以前、この家には60代のご夫婦が住まわれていて、昨年リフォームのご相談に載らせていただきましたが、残念ながら、工事には至りませんでした。

ところが今年に入り、娘夫婦様がこちらのお住まいを購入することになり、再びご相談に載らせていただくことになりました。

今回は5歳と2歳のお子様を含めた4人家族、子育て世代のリフォームです。

同じ家でも、住み手が違うと、全く違うリフォームになることを実感しました。

リフォームをさせていただいた場所は、2,3階住居のうちの2階部分。

玄関、廊下、洗面所、浴室、キッチン、リビングと、玄関に面した和室の、押入れ撤去と畳の表替え、という内容でした。

お客様のご要望は

・なるべく自然素材を使いたい。

・和の雰囲気も好き。

・使える物は生かしたい。

・キッチンとリビングとの間に段差を作りたい。

・対面キッチンにしたい。

リビングや洗面所などの扉は、お客様の要望もあり、既存の扉をそのまま生かしました。

壁は左官を希望され、予算的に非常に厳しいので、「DIYで行う」ということになり、材料代だけ、リフォーム費用の中に確保させていただきました。

そして、キッチンでは、コの字型から対面型にすることと
「IKEAのキッチンを入れてるのが夢でした~♪」という夢をかなえられるように、IKEAを検討しました。

IKEAのキッチンは、以前別のリフォームでもやったことがありましたが、

その時は組み立ても全て同じ施工業者で行い、かなり苦戦していました。

「IKEAキッチンの組み立ては大変!」というのが業界の中で浸透しているようで、

今回のキッチンはIKEA専門の施工業者さんに依頼しました。

施工する業者が複数になると、どこまでが各業者の工事範囲か、というのがわかりづらくなります。

今回は特に、キッチンと洗面台をIKEAで選び、水栓、ガス機器、レンジフードは施主支給品で別途手配した物を取り付けていただく、という混み入ったことを行ったので、さらに大変になりました。

一つずつの商品の単価は安くなりますが、納期に間に合うように注文していただけるか、選んだものがちゃんと納まるのか、など管理の手間が膨大に増えるので、今後の検討課題になりました。

IKEAのキッチンは内容を変更したい時に、その都度お店に出向かないといけないので、
本当にこのキッチンを入れたい!という強い気持ちがないと大変です。

今回は、お客様のがんばりがあって、キッチンを含めとてもステキなお部屋が完成しました。

_dsc7838

リビングに面したカウンターはナラの集成材。IKEAで安くなっていたので購入し、大工さんに加工してもらいました。
こういう思わぬ”お買い得”も時々あります。

_dsc7813

コーナー窓には障子を入れました。中からはもちろん、夜に外から見るととても雰囲気がいいです。

_dsc7786


玄関から廊下、リビングへと続く床には、阿波桧の無垢フローリングを使用。廊下側は直貼り用で、リビングは2重床で遮音しています。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

旧入北小DIY完成しました。

Dscn0159_2

7月半ばから全5回に分けて行われたプリズムネクストDIYワークショップ。
そのうち3回を担当させていただき、その後も8月中コツコツとDIYを続けてきました。
先週8月29日に完成披露会が行われて、9月1日から無事オープンしました。

女性たちの夢をかなえる場所として
営利の事業を行えるシェアオフィス、シェアサロン、シェアスペースです。
この場所から、次の一歩へ進んでいく女性がたくさんでてくることを応援しています!

Dscn0135


Dscn0138


Dscn0160


Dscn0157


もともとかなりきれいに改修された状態だったので、あまり奇をてらわず、使う目的に合う配置と間仕切り方を提案し、突っ張り金物(ラブリコ)を使って2×4材の柱をたてていきました。
一番大変だったのは、4回目の間仕切りワークショップ。
2×4材のパネル工法のように作ろうと思ったのですが、思うように水平垂直が出ず、建て方に苦労しました。

Dscn0158


Dscn0136

DIYの達人、sawcuteの愛さんが作った棚とロッカー扉


Dscn0140_2

桃ちゃんこと、相羽桃子さんがデザインし、仕上げてくれた黒板アート。

これも、もとからあった黒板がうまく使えなくて、黒板シートを貼ったボードを取り付けて作ってあります。
思いがけず大変だったけど、一番のインスタ映えポイントに(?!)なりました。


イメージをうまく言葉で表現することが苦手で、
なかなか言っていることが伝わらず、「自分ってなんてダメなんだー!」と一時は投げ出す寸前に。
プロジェクトに関わるメンバーにも色々苦労をかけてしまいました。

ちょうど別のリフォーム工事とDIYのスケジュールが重なり、
同時なんて無理-!と思ったことも、なんとか無事に両方終えることができました。


このプロジェクトに関わらせていただいたことで、
教室をDIYで内装する、というめったにできない経験をさせていただきました。
この経験を、これからの仕事に生かして、一歩ずつ進んでいきたいと思います。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2018年7月 | トップページ | 2018年12月 »